医療脱毛(医療レーザー脱毛)では同じレーザー脱毛器でも部位によっては「激痛だった」とか「ほとんど痛みを感じなかった」など痛みの感じ方に差が出る可能性が十分にあります。

これまで「医療脱毛をしたいけど痛みが不安だから」とためらっている人もいるかもしれません。痛みの感じ方には個人差があるので実際に施術を受けてみないとわかりませんが、ここでは参考までに医療脱毛で人気の部位が「どれくらいの痛みを感じる可能性があるのか」をご紹介します。

【2017年度版】医療脱毛が安いクリニックランキング

痛みを感じやすい部位は?

医療脱毛で実際に下記の人気部位の脱毛をした人の口コミを集めてみました。

部位 痛み
VIO ・Iラインの痛みはものすごいです。まさに「耐え抜き」ました。
・Vラインの1回目は「バチッ」という音にびっくりしたのと、もちろん痛みもあり、思わず声が出てしまいました。
・Iラインの痛みに耐えきれず、麻酔をしてもらってなんとか我慢ができました。
・VIO全て、例えるなら「激痛」でした。
・私はVラインだけ脱毛しました。たまに痛みはありましたが、我慢はできました。
ひざ下 ・一緒に申し込んだVラインほどは痛くなかったです。もちろん麻酔も必要ありませんでした。
・我慢はできましたが毛抜きで抜かれているような痛みを感じる時と、全く痛みを感じない時がありました。
・インターネットで調べた通り、やはり「輪ゴムで弾かれる程度」の痛みでした。でも我慢はできました。
・口コミでは「痛かった」と感じている人が多かったようですが、私は痛みをほとんど感じませんでした。
・最初の3回程度は痛みを感じましたが、だんだんと感じなくなりました。
・鼻下です。公式サイトに「痛みは少ない」とあったものの、やはり皮膚が薄いせいか痛みました。でも5分もかからず終わったので、我慢できました。
・頬の脱毛、私は無痛でした。個人差はあると思いますが、ちょっとした刺激が気持ちよいくらいでした。

痛みが我慢できないときは?

上でも説明したように医療レーザー脱毛は部位によっては耐えられないほどの痛みを伴います。痛みを感じるということは肌にもかなりのダメージとなっています。我慢できない場合は痛みを軽くするための様々な手段がありますので、遠慮をせずに相談しましょう。

手段①麻酔をしてもらえる

脱毛サロンでは万が一痛みを感じても我慢するしかありません。しかしクリニックでは有料ですが麻酔をしてもらえます。1回あたりか1部位あたり1,000~3,000円程度(1回あたり、もしくは1部位あたり)、ぜひ遠慮をせずに利用したいです。

麻酔は主に塗り薬(クリーム麻酔)とガスを吸うタイプ(笑気麻酔)の2種類があります。一部ではクリーム麻酔は含まれる成分の影響で施術後にやけどのリスクが指摘されています。選べるのであれば笑気麻酔がおすすめですが、クリニックによっては希望すれば両方行える所もあります。

当然ながら麻酔をしたから痛みがゼロになるかと言えばそうではありません。また「脱毛料金以外は必要なし」と謳っているクリニックでも麻酔代金は必要な所がほとんどです。念のためにカウンセリングで麻酔代については確認しておきましょう。

手段②レーザーの出力を下げてもらう

脱毛は最初から最大パワーで行うことはまずありませんが、パワーが強ければそれだけ痛みを感じる可能性があります。痛みが我慢できないは出力を下げてもらうことができるので、遠慮せずに申し出ましょう。

医療脱毛、痛みに関するよくある質問

毛が濃いと痛みは強くなる?

医療脱毛で使われるレーザーは濃い色ほど反応します。つまり毛が濃いと痛みが強くなると思った方がよいでしょう。具体的には腕や脚よりもVIOやワキ、男性のヒゲなどは痛みを感じやすいです。しかし上でも説明したように麻酔を使えばかなり痛みを軽くできるので、毛が濃いと感じている人はぜひ利用したいです。

回数を重ねるごとに痛みは減っていくの?

医療脱毛でもエステ脱毛でもムダ毛の量が多い時の方が痛みを感じやすいです。回数を重ねてムダ毛が減ってこれば痛みも和らいでいくはずです。

医療脱毛なのに「痛みなし」のレーザーがあるって本当?

クリニックでは様々な医療レーザー脱毛器を使っていますが、中には「ほぼ無痛」と謳っているものがあります。それは一部のクリニック(まだまだ数は少ないです)で使われているメディオスターというレーザー脱毛器です。

一般的なレーザー脱毛器は最大で120℃程まで出すことができるレーザーのエネルギーで毛根を破壊する仕組みで、この熱さを「痛い」と感じます。しかしメディオスターは毛穴の中にある「バルジ」という毛の種がある部分を破壊するために、60℃程度の熱のダメージを与える仕組みです。

レーザーを照射するヘッドの部分を滑らせながら「じわじわ」と熱を加えていくので痛みを感じにくく、医療脱毛では痛みを感じやすい男性のヒゲやデリケートゾーンの脱毛、そして他のクリニックで麻酔をしても痛みが耐えきれずに諦めてしまった人日焼けをしているなど肌色の関係で脱毛ができなかった人痛みが不安でこれまで脱毛することをためらっていた人にはおすすめです。

まとめ

医療脱毛で部位別にどの程度まで痛みを感じる可能性があるのか、そして痛みが心配な人におすすめの「痛みを感じにくい医療レーザー脱毛器」についてご紹介しました。

これから通う予定のクリニックでどのような脱毛器が使われているかは、公式サイトがあれば必ず掲載されているのでチェックしてみること、もしくはカウンセリングで聞いてみてもいいでしょう。


クリニックの失敗しない選び方とは?

医療脱毛はサロンより効果が高く、少ない回数で脱毛を終わらせられるので人気上昇中ですが、実はサロンには無いデメリットがあるのをご存知ですか?

思わぬ落とし穴で損しないためのクリニックの選び方と、全身脱毛・VIO脱毛・ワキ脱毛などパーツ別に安いクリニックをまとめました。

医療脱毛 安い

【2017年度版】医療脱毛が安いクリニックランキング