医療脱毛(医療レーザー脱毛)を行うクリニックでは様々な医療レーザー脱毛器を使っていて、それぞれに特徴があります。自分が脱毛したい部位の毛質(太い毛か普通の毛か産毛のような細い毛か)、肌質(普通肌か敏感肌か)、痛みの感じ方(痛みに強いか弱いか)といった条件は自分でもわかるはずです。

クリニックで使われているレーザー脱毛器が、自分がムダ毛をなくしたい部位の脱毛に最適か?を事前にホームページなどで調べておけることが好ましく、クリニック選びを間違えると肌トラブルが起きたり、十分な効果が得られないことも考えられます。

ここではクリニックで使われている主なレーザー脱毛器の種類と特徴について見ていきましょう。

【2017年度版】医療脱毛が安いクリニックランキング

医療脱毛に使用されるレーザーの種類

クリニックで導入されている主な医療レーザー脱毛器をご紹介します。もちろん下記以外にもいくつかありますが、中にはこのうちの複数のレーザー脱毛器を導入し毛質や肌質によって使い分けているクリニックもあります。

アレキサンドライトレーザー

「アレキサンドライト」という宝石を使用したアメリカ製のレーザー脱毛器です。毛根にあるメラニン色素に反応するレーザーを照射してダメージを与える仕組みです。アレキサンドライトレーザーの代表機種はジェントルレーズとG-Maxです。

ジェントルレーズ

  • 最も多くのクリニックで使われているレーザー脱毛器
  • 太い毛(メラニン色素の多い毛)ほど高い効果が期待できる。逆に産毛には反応しにくいことも
  • 部位によっては痛みを感じることもある
  • ムダ毛がなくなっていくと毛穴を引き締める効果も期待できるため、美肌効果も期待できる

G-Max

  • アレキサンドライトレーザーとG-MAX(下記参照)のレーザーを照射できるレーザー脱毛器
  • 機械に冷却ガスを噴射する装置がつけられているため、痛みをかなり抑えている
  • 1秒間に1ショットという機械が多い中、G-Maxでは1秒間に2ショット可能。その分1回あたりの施術時間を短縮できる
  • レーザーを照射する部分が広いため、脚や腕など広範囲の施術には最適

ダイオードレーザー

レーザーが照射されるとすぐに熱のエネルギーに変わり、毛根にダメージを与える仕組みです。肌色や毛質の問題で施術に制限のあるアレキサンドライトレーザーと比較し、日焼けした肌や産毛でも効果が期待できるレーザー脱毛器です。代表機種はライトシェアデュエット、メディオスター、ソプラノです。

ライトシェアデュエット

  • 皮膚を吸引しながらレーザーを直接毛根に照射できるため、肌へのダメージをかなり抑えている
  • 剛毛、産毛、普通など、どのような毛質でも対応可能
  • 数多いレーザー脱毛器の中では最新機種ながらも、導入するクリニックが増加中
  • レーザーを照射するヘッドの部分が広くて四角いので、他の機種よりも施術時間を短くでき、照射漏れの心配もほとんどない

ソプラノ

  • 毛穴の中の「毛包」という部分に対してレーザーを照射する。通常のレーザーよりも温度を低くできるため、痛みを感じにくく、肌へのダメージも少ない
  • 他のレーザー脱毛器では痛みを感じやすいVIOや男性のヒゲなど、濃いムダ毛の脱毛には最適
  • まだまだ導入しているクリニックは少ないため、これからに期待

メディオスター

  • 毛穴に付随する「バルジ」という部分(ソプラノの毛包とは別の部分)に対してレーザーを照射する方法。バルジから次のムダ毛の「種」がまかれるため、バルジを破壊することで新しい毛が作られなくなる仕組み
  • ソプラノと同様にレーザーの温度を低くできるため、痛みをかなり抑えている
  • あるアンケート調査では実際にメディオスターで脱毛した人の9割以上が「痛くなかった」という結果も出ている

ヤグ(YAG)レーザー

最初は皮膚の色素沈着やシワなどの治療のために開発されたレーザー脱毛器で、脱毛にも利用されるようになりました。

  • 皮膚の深い位置まで届くレーザーを使用するため剛毛(毛根が毛穴の深い位置にある、VIOや男性のヒゲなど)の処理に効果的
  • 剛毛の処理ほど痛みを伴う可能性あるため、麻酔を使う人が多い
  • 他のレーザー脱毛器よりは効果が低め、ムダ毛が再生する可能性もあり
  • レーザーが黒いメラニンに反応しにくいという特徴があるため、皮膚の色の濃い人や、シミやホクロ、色素沈着などのあるお肌でも施術が可能
  • 脱毛サロンや他の脱毛クリニックで施術ができなかった人、満足できるまでムダ毛をなくすことができなかった人などにはおすすめ

医療脱毛はダイオードレーザーが一番おすすめ

痛みが少ない

同じレーザー脱毛器でも部位によっては「激痛」と感じることもあり「痛みが耐えられなくて諦めてしまった」という口コミも見られます。痛みが心配な人や肌の弱い人は「ダイオードレーザー」を使っているクリニックを選んでおいた方が安心です。

産毛の脱毛にも効果的

アレキサンドライトレーザーはその効果の高さから剛毛から普通の毛質であれば脱毛できますが、産毛には不向きです。しかしダイオードレーザーはレーザーの強さを調節することでどのような毛質でも処理できます。

ダイオードの中ではライトシェアデュエットがおすすめ

脱毛効果が高い

ライトシェアデュエットは皮膚を吸引しながら直接毛根にレーザーを照射する仕組みで、お肌に与えられる影響が少ないので、同じ部位でもアレキサンドライトレーザーよりは痛みを感じにくいです。また数多いレーザー脱毛器の種類の中でも最新機種なので高い脱毛効果が期待できます。

料金が安い

ライトシェアデュエットもまだまだ最新のレーザー脱毛器です。最新と言えば料金も高くなるイメージがありますが、レーザーの照射範囲が広いことから同じ部位でもその他の機種より施術時間が短縮できていることから多くの人の施術ができ、これが料金の安さにつながっているのです。

症例数が多い

最新機種と言えば症例数が少なく、万が一施術後にトラブルが発生した際の対応に不安になる人もいるはずです。しかしライトシェアデュエットを使っている多くのクリニックで症例数が「10万件以上」「20万件以上」などと豊富な実績が掲載されています。これなら脱毛が初めての人でも安心して施術を受けることができますね。

ライトシェアデュエットを導入しているクリニックは?

現在では下記のクリニックでライトシェアデュエットを導入しています。

まとめ

医療脱毛を行うクリニックで使われている代表的なレーザー脱毛器を紹介しました。公式サイトのあるクリニックではどのようなレーザー脱毛器を使っているか、期待できる効果も合わせて書かれているはずです。(分からなければカウンセリングで聞いてみましょう。)

クリニックを選ぶ条件として他にも「脱毛料金(の安さ)」や「サービス内容(独自のアフターケアや保証内容)」など決めるポイントはいくつもあります。全てを照らし合わせて自分に合った所を選ぶようにしたいですね。


クリニックの失敗しない選び方とは?

医療脱毛はサロンより効果が高く、少ない回数で脱毛を終わらせられるので人気上昇中ですが、実はサロンには無いデメリットがあるのをご存知ですか?

思わぬ落とし穴で損しないためのクリニックの選び方と、全身脱毛・VIO脱毛・ワキ脱毛などパーツ別に安いクリニックをまとめました。

医療脱毛 安い

【2017年度版】医療脱毛が安いクリニックランキング