インターネットの相談サイトなどで
「医療レーザー脱毛後1週間程度たっても赤みがひかない」
「水ぶくれのようなものができてしまった、どうすればいい?」
というような相談が数多く寄せられています。

これはレーザー脱毛後に起こりやすい肌トラブルの一つの「やけど」である可能性が高いです。やけどが起こってしまった場合、もちろんクリニックにも責任がありますが、自分でも気をつければ防ぐことは可能です。

脱毛後のやけどを予防するためにはどうすべきか、もしくはやけどになってしまった場合にはどのように対処すべきか、これから医療脱毛する人は知っておくとよいでしょう。

【2017年度版】医療脱毛が安いクリニックランキング

レーザー脱毛でやけどが発生する原因

クリニックでは様々なレーザー脱毛器が導入されていてそれぞれに特徴がありますが、一般的に医療レーザー脱毛と言えばムダ毛の毛根にある黒色のメラニン色素に反応するレーザーを照射して毛根を破壊する仕組みです。つまり

  • 肌が日焼けをしている
  • 色の濃いシミやアザ、ほくろがある
  • ケガをして治った後が色素沈着を起こしている

などお肌の色が濃い部分があると、毛根のメラニン色素にレーザーが届く前に肌色が反応してしまいます。レーザーの温度は最大で120℃に達することもあるため、施術後にやけどのようなトラブルが発生してしまう可能性があります。

クリニックでは施術前の診察で必ずお肌の状態の確認が行われますが、上記のようなケースでなくてもお肌が弱いとやけどが起こってしまう可能性もあるため、心配な点があれば相談することが重要で、必要ならレーザーの出力を下げてもらうこともできます。

レーザー脱毛のやけどを未然に回避するには?

お肌に小さいシミやアザがある場合、白いテープで隠して施術をしたり、先にレーザーでこれらを除去してから施術をする場合がありますが、範囲が広すぎるとやけどを回避するために施術を行わない可能性もあります。このような事態にならないためにも脱毛期間中には日焼けをしないように紫外線ケアをしっかりと行っておくことが重要です。

どのくらいの日焼けまで大丈夫?

日焼けの度合いについて、海や山でしっかりと焼いてしまった場合「施術ができない」と判断されることがあり、日焼けが治まるまで待ってから施術をすることもあります。この場合は自分が希望する時期までにムダ毛をなくすことができなくなってしまいます。

一方で日常生活でやむを得ず焼けてしまう程度であれば施術ができる可能性はありますが、特に顔は普段からしっかりとケアしている人は多いのですが服を着ることができない分、どうしても日焼けをしてしまいがちです。念には念を入れてケアを行った方がよいでしょう。

更に通う予定のクリニックで使われるレーザー脱毛器によってはやけどのリスクが少ないものもあります。例えば肌に直接レーザーを照射する「アレキサンドライトレーザー」ではやけどのリスクは高めですが「ダイオードレーザー」は皮膚を吸引しながら毛根に直接レーザーを当てる仕組みなのでやけどのリスクは低いです。

ダイオードレーザーの代表機種に「ライトシェアデュエット」がありますが、通う予定のクリニックの公式サイトがあれば「どのような機種を導入しているか」が書かれているはずですので事前にチェックするとよいでしょう。

医療脱毛レーザーの種類を詳しく解説。おすすめの機械は?

これってやけど?症状と対処法

やけどを防止するために施術直後にお肌を冷却してくれるクリニックや、ジェルなどを使った特別なアフターケアをしてくれるクリニックはありますが、中には「何もせず終わり」というクリニックもあります。脱毛直後から翌日に副作用が起こり、2日後、そして1週間後まで肌の異変が治らない場合には速やかに病院に相談して処置をしてもらいましょう。

赤み

脱毛直後に出た赤みは長くても1週間程度で引くので、あまり心配する必要はありません。それでも1週間以上たっても引かない場合には病院に相談しましょう。脱毛後に炎症止めの軟膏が処方された場合は必ず使用しましょう。

また脱毛後に日焼けをすると赤みがひかないこともあります。また脱毛当日にお風呂やサウナに入って肌を温めると赤みが引かない可能性があるため、これらの行為が禁止されている所が多いです。更に肌が乾燥していると赤みが出やすいので自宅に帰ってからも保湿をしっかりと行いましょう。

水ぶくれ

レーザー脱毛後は顔など皮膚の薄い部分には水ぶくれができることがあります。速やかにクリニックに相談しないと一生消えない跡になってしまう可能性もあります。治療では主に軟膏が処方されるので使っていくことが大切で、相談するのが早ければ肌の状態を以前の状態にまで戻すことが可能です。

かさぶた

脱毛後にやけどをすると「かさぶた」ができる場合がありますが、通常であれば自然にとれて治るはずです。肌の色が濃い場合にやけどが起こる可能性があるので、脱毛期間中の紫外線ケアは大切です。

クリニックの補償内容を事前に確認することが大切

レーザー脱毛でやけどをはじめとした肌トラブルが起こった場合、無料で治療をしてくれる所や治療費が別途必要な所、そして解約する際に返金に応じてくれる所や応じてくれない所などクリニックよって補償内容は様々です。

信頼のおけるクリニックであれば必ず責任をもって治療をしてくれるはずですが、補償内容を事前に確認しておくことが大切です。

まとめ

医療脱毛で起こりやすい「やけど」などの肌トラブルの対処法についてご紹介しました。当然ながらこれらのトラブルは命に関係するような重大なものではありません。それでも一生消えない跡になってしまうのは、特に女性は避けたいはずです。

トラブルが起こった時の補償や脱毛料金、解約手数料などお金に関することは何かとトラブルに発展しやすいです。コースの途中でも疑問が起こった場合にはすぐにでも確認するようにしましょう。


クリニックの失敗しない選び方とは?

医療脱毛はサロンより効果が高く、少ない回数で脱毛を終わらせられるので人気上昇中ですが、実はサロンには無いデメリットがあるのをご存知ですか?

思わぬ落とし穴で損しないためのクリニックの選び方と、全身脱毛・VIO脱毛・ワキ脱毛などパーツ別に安いクリニックをまとめました。

医療脱毛 安い

【2017年度版】医療脱毛が安いクリニックランキング