ライトシェアデュエット

脱毛クリニックを探していると、「うちはライトシェアデュエットを使っています」と言うクリニックをよく見かけます。「ライトシェアデュエットは痛みが少ない」「産毛にも効果がある」と言われていますが、本当でしょうか?脱毛クリニックを選ぶ際は脱毛器についても知っておくと、自分に合うクリニックを選びやすいです。今回はライトシェアデュエットについて「脱毛の仕組み」や「VIO脱毛でも痛くないか?」「顔の産毛にも効果があるか?」など詳しくご紹介します。ライトシェアデュエットでVIOや顔を脱毛した人の口コミも掲載するので、ぜひ参考にしてください。

【2017年度版】医療脱毛が安いクリニックランキング

ライトシェアデュエットの脱毛の仕組み

ライトシェアデュエットとは?

ライトシェアデュエットとは、ルミナス社が開発した医療用レーザー脱毛器です。アメリカの厚生労働省に当たる機関であるFDAで、永久脱毛効果が認められています。少し前までは医療用脱毛レーザーと言えば、アレキサンドライトレーザーが主流でした。アレキサンドライトレーザーは脱毛効果が非常に高く、短時間で施術できますが痛みが強いことが大きな欠点でした。レーザー脱毛は痛いと言うイメージも、アレキサンドライトレーザーで脱毛した人の口コミによるところが大きいです。

そこでアレキサンドライトレーザーと同等の脱毛効果を持ちながら、痛みが少ないダイオードレーザーで脱毛する方法が開発されました。現在、医療用脱毛レーザーはダイオードレーザーが主流になっています。ダイオードレーザーを搭載した脱毛器にもいろいろな機種があり、ライトシェアデュエットはダイオードレーザー脱毛器の最新機種の一つです。

ライトシェアデュエットの脱毛の仕組みは?

体毛を生えさせるには、毛根の先端にある毛乳頭が重要な役割を果たしています。ライトシェアデュエットは、レーザーの熱で毛乳頭のたんぱく質を凝固させて機能をストップさせることで脱毛します。毛乳頭を死滅させるので、一度効果が出た毛穴から毛が再生することは、ほぼありません。脱毛の仕組みはアレキサンドライトレーザーも同様ですが、ライトシェアデュエットはレーザーを照射するためのヘッドに冷却装置が搭載されています。

肌を冷却しながらレーザーを当てるので、高温のレーザーを当てても痛みを感じにくく、ヤケドのリスクも少なくなっています。痛みを感じにくいので、高い出力で施術することも可能です。さらに皮膚を吸引する機能もあるので、真皮を薄く引き伸ばしてムダ毛に効率よくアプローチできるようになりました。レーザーが効率よく毛根に届くので低い出力でも脱毛できることも、痛みの少なさに繋がっています。人によっては「皮膚を吸引される感覚に気を取られて、痛いかどうかよくわからないで済んだ」と言う人もいます。

ライトシェアやライトシェアデザイアなど派生機種との違い

ライトシェアデュエットの他に、「ライトシェア」「ライトシェアデザイア」と言った派生機種もあります。それぞれの違いも見てみましょう。

ライトシェア

ダイオードレーザー脱毛器の初期の機種です。冷却システムを内蔵することによって、肌への負担と痛みを軽減しながら脱毛できますが、まだ皮膚を吸引する機能は搭載されていませんでした。

ライトシェアデュエット

ライトシェアの後続機です。ライトシェアよりも照射口が広いので、広範囲の脱毛も短時間で効率よく行うことができます。それまでの脱毛器に比べると、最大約1/3程度まで施術時間を短縮できます。この機種から皮膚を吸引する機能も搭載され、より痛みが少なくなりました。VIOなどの入り組んだ部位や狭い部位を脱毛するときは、照射ヘッドを小さいものに付け替えて脱毛します。現在、大手クリニックでもっとも多く採用されている脱毛器です。

ライトシェアデザイア

ライトシェアデュエットの後続機です。ライトシェアデュエットの照射ヘッドは大小2種類でしたが、ライトシェアデザイアでは大中小の3種類になっています。これまでよりも脱毛部位に合ったヘッドを使用できるため照射しやすく、全身脱毛で一度に全部位を施術する場合でも3時間程度で施術できます。(所要時間はクリニックによって多少異なります。)背中なら15分程度です。

痛みが少ないのでVIO脱毛に最適って本当?

ライトシェアデュエットがVIO脱毛に最適な理由

ライトシェアデュエットは従来のレーザー脱毛器に比べて痛みが少ないので、痛みを感じやすいVIO脱毛にも最適です。従来のレーザーは痛みが強かったので、手足や脇は脱毛してもVIOは痛くてできない人もたくさんいました。ですがライトシェアデュエットの登場でVIO脱毛をする人が続出し、今では脇と並んで人気の脱毛部位になっています。

痛みの少なさだけで見ればメディオスターと言う脱毛器のほうが、VIOもほとんど痛みを感じないので優れていますが、メディオスターは採用しているクリニックが非常に少ないと言う大きなデメリットがあります。施術を受けられるクリニックが比較的多いと言う点では、ライトシェアデュエットのほうがより現実的です。次章では、ライトシェアデュエットでVIO脱毛をした人の口コミを見てみましょう。

ライトシェアデュエットでVIO脱毛した人の口コミ

  • 無痛ではないし痛いが、我慢できた。VIOは範囲が狭いので短時間だし、わざわざ麻酔を塗るほどではない。
    引用元:http://xn--ch-2h4arj4a9633fnh5a.com/rep.php?review_id=1414
  • チクチクする痛みが多少ある程度。
    引用元:http://xn--ch-2h4arj4a9633fnh5a.com/rep.php?review_id=1522
  • 痛過ぎて涙が出たが、1回目で毛量は変わらないものの毛が生えるのが遅くなった。2回目も痛かったが、毛が少し薄くなった感じがした。その後、回数を重ねるごとに少しずつ効果が出始め、痛みもだんだん少なくなっていった。
    引用元:http://rankroo.jp/rep.php?review_id=2617
  • エステのときより少し痛みがあり冷や汗をかいたが、我慢できた。エステで抜けきらなかった毛も少しずつ抜けている。
    引用元:http://rankroo.jp/rep.php?review_id=1748
  • 痛いを通り越して激痛だった。まだ1回目だが、すでに心が折れている。
    引用元:http://rankroo.jp/rep.php?review_id=2631

ライトシェアデュエットのVIO脱毛の総評

このように全く痛くないわけではありませんが、ライトシェアデュエットでVIO脱毛をした人に話を聞くと、「少し痛かった」「何とか我慢できる程度だった」と言う人がほとんどです。従来のレーザーの痛みを経験している人だと、「こんなに痛くなくて脱毛できるの?」と心配する人すらいます。稀に「ものすごく痛かった」「痛くて通えない」と言う人もいますが、痛い人でも大変なのは最初の2~3回までです。3~4回目くらいになると毛量が減ってくる=レーザーが反応する面積が減るので痛みも生じにくくなります。

どうしても我慢できない場合は、最初の何回かは麻酔をしてもらいましょう。従来のレーザーは麻酔をしても痛みが強いですが、ライトシェアデュエットは痛みに弱い人でも、麻酔を使えばだいたいの人は脱毛を完了できています。無料のテスト照射を受けられるクリニックも多いので、心配な人はテスト照射を受けてみるとよいでしょう。1回だけのコースを受けてから、脱毛を続けるか検討する方法もあります。
関連記事:VIO医療脱毛が安いクリニック|回数・効果・痛みが少ない方法まとめ

顔の産毛に効果あるって本当?

ライトシェアデュエットが顔の産毛も脱毛できる理由

従来のレーザーは太い毛はしっかり脱毛できますが、産毛などの細い毛にはあまり効果がなく、背中やうなじなどの産毛が多い部位は脱毛できませんでした。しかしライトシェアデュエットは産毛や細い毛にも効果があるので、これまで脱毛が難しかった背中やうなじ、肩などもキレイに脱毛できるようになりました。

レーザー脱毛はメラニン色素に反応する性質を利用するので、色素が少ない産毛や細い毛を脱毛するにはレーザーの出力を上げなければなりません。ライトシェアデュエットは冷却システムを搭載することで出力を上げても痛みが少なく、吸引システムでレーザーの届きかたも効率がよいので、それまで難しかった産毛も脱毛できるようになりました。顔の産毛も脱毛できます。特に痛みを感じやすい鼻下の脱毛は、ライトシェアデュエットの冷却システムと吸引システムによる痛みの少なさが大きなメリットになります。

ライトシェアデュエットで顔脱毛した人の口コミ

  • 以前より毛が薄くなってきたので、完了するのが楽しみ。
  • 化粧ノリがよくなり、肌も明るくなった。痛みもあまり感じない。
  • 結構痛かったが、キレイになるならと我慢できた。
  • 毛がなくなり、たるんでいた毛穴まで引き締まった気がする。
    引用元:http://rankroo.jp/rep.php?review_id=1736

ライトシェアデュエットの顔脱毛の総評

このように、ライトシェアデュエットは顔の産毛もしっかりと脱毛できます。ムダ毛の凹凸や影がなくなるので化粧ノリがよくなり、肌も明るく見えます。毛穴も、毛の太さの分開いておく必要がなくなるので毛穴が引き締まります。皮膚が薄い人などだと少し痛みを感じますが、麻酔が必要なほどの痛みではありません。ただしライトシェアデュエットは色素が濃い肌はヤケドのリスクがあるので脱毛できません。

脱毛を始める前と脱毛中は、日焼けをしないよう充分に注意しましょう。新陳代謝が落ちていて日焼けの色が抜けにくい人は、特に注意が必要です。ほくろやシミのところに生えている毛も脱毛できないので、治療が可能なものであれば先に美白治療をします。クリニックによっては、色素があるところだけ避けて脱毛してもらうことも可能です。

メイクや日焼け止めは施術前に落とします。「落とすのが面倒なのでスッピンで行こうかな?」と言う人は、なるべく自宅に近いクリニックを選ぶのがおすすめです。
関連記事:失敗しない顔の医療脱毛【効果・回数・安いクリニック】まとめ

東京・大阪などで安くライトシェアデュエット脱毛できるクリニック

東京・大阪近郊などで安く、ライトシェアデュエットで脱毛できるクリニックをご紹介しますので、クリニック選びの参考にご活用ください。

アリシアクリニック

アリシアクリニック

患者目線の対応をしてくれるクリニックで、施術が上手なスタッフが多く在籍しています。医療脱毛でありながら、料金もかなり安めです。若干、スタッフの態度がカジュアルではあります。

アリシアクリニックの詳細

リゼクリニック

リゼクリニック

対応が親切で丁寧です。施術中も痛みに配慮し、まめに声かけをしてくれるので安心感があります。麻酔以外の追加料金がなく、明確な料金システムです。土日の予約が取りにくいことがデメリットです。

リゼクリニックの詳細

クレアクリニック

クレアクリニック

女性専用クリニックなので、VIO脱毛も安心です。施術室、カウンセリングルーム、メイクルームが個室になっているので落ち着きます。全身脱毛も1日に全部位を脱毛できます。

クレアクリニックの詳細

ドクター松井クリニック

新宿ドクター松井クリニック

コース終了後にもう少し脱毛したいときは、特別価格で脱毛できます。接客や施術も丁寧です。カウンセリングを男性院長が行うので、人によってはVIO脱毛の相談をしにくいかもしれません。

新宿ドクター松井クリニックの詳細

東京イセアクリニック

東京イセアクリニック

施術時の痛みの軽減に力を入れています。麻酔も3種類あり、必要に応じて複数を組み合わせてくれます。VIO脱毛は麻酔が無料です。スタッフの対応がよく、追加料金のない明確な料金システムです。

東京イセアクリニックの詳細

まとめ

いかがでしたか?ライトシェアデュエットは痛みが少なく、産毛も脱毛できることがメリットです。もっとも痛みを感じやすいと言われるVIO脱毛をライトシェアデュエットで完了している人もたくさんいます。肌への負担やヤケドのリスクも従来のレーザーより少ないので、顔の脱毛にも安心です。導入しているクリニックが多く、選択肢に入れやすいこともメリットです。ただし色素が濃い肌の脱毛には使用できないので、注意が必要です。地黒の人やシミ・ほくろが多い人などはメディオスターなら脱毛できる場合があります。


クリニックの失敗しない選び方とは?

医療脱毛はサロンより効果が高く、少ない回数で脱毛を終わらせられるので人気上昇中ですが、実はサロンには無いデメリットがあるのをご存知ですか?

思わぬ落とし穴で損しないためのクリニックの選び方と、全身脱毛・VIO脱毛・ワキ脱毛などパーツ別に安いクリニックをまとめました。

医療脱毛 安い

【2017年度版】医療脱毛が安いクリニックランキング