医療脱毛(医療レーザー脱毛)をする際には注意をしなければならない点がいくつもあります。特に「日焼けをしてはいけない」のは最も守らなければならないことで、守らないと施術ができず、日焼けが治まるまで待たなければなりません。

女性は普段から紫外線ケアをしている人は多いはずですが、特に顔は意識していても日焼けをしてしまうこともあるので、脱毛期間中はいつも以上に入念に紫外線ケアをしていかなければなりません。

ここではレーザー脱毛で「どれくらい日焼けをしてしまうとNGなのか」「脱毛が終わったらすぐに日焼けをしていいのか」といった疑問について見ていきましょう。

【2017年度版】医療脱毛が安いクリニックランキング

レーザー脱毛前に日焼けしてはいけない理由

医療レーザー脱毛で使われるレーザーはムダ毛の毛根にある濃い色のメラニン色素に反応するものです。日焼けは皮膚の表面にメラニン色素が付着している状態なので、施術でレーザーを照射すると毛根に届く前に肌色に反応してしまいます。

レーザーは最大で120℃に達することもあり、お肌にこのような高熱が加えられると「やけど」のような状態になってしまうのです。また同じ部位でも日焼けの状態によっては「激痛」を感じることもあります。

誰でもムダ毛をなくしたいと考えるのは薄着になる季節、つまり紫外線の量が増える時期でもあります。脱毛を決意したのであればその時期は徹底的に紫外線からお肌を守るためのケアをしていかなければなりません。

どのくらいの日焼けなら脱毛できる?

例えば顔は服を着ることができない分、どれだけ入念に対策をしても日焼けをしてしまう可能性はあります。どのくらいの日焼けなら施術ができるかという目安について

  • 日常生活で日焼けをしてしまう程度OK
  • 海や山でしっかりと日焼けをするNG

だと思えばよいでしょう。ただし生まれつき肌色の濃い人もいて「程度による」ため、心配な人は事前のカウンセリングでチェックしてもらい、もし施術ができないとされれば日焼けが治まるまで待たなければなりません。

日焼け肌でも脱毛可能な医療レーザーがあるって本当?

実はクリニックで使われている医療レーザー脱毛器のうち、日焼けをしている肌でも施術ができるものもあります。それは「ソプラノレーザー」です。

一般的なレーザー脱毛器はムダ毛の毛根に蓄積しているメラニン色素にダメージを与える仕組みでしたが、このソプラノレーザーは毛穴の中にある「毛包」という組織に対してダメージを与える仕組みです。メラニン色素には関係がないため、日焼けをした肌にも施術ができるのです

しかも一般的なレーザー脱毛器では効果が出にくい白髪や産毛など色の薄い毛でも効果を発揮するもので、濃いムダ毛の多いデリケートゾーンや男性のヒゲの脱毛でも痛みを感じにくいというメリットの多いレーザー脱毛器です。

更に痛みを感じにくいということは肌へのダメージも少ないということ、肌が弱くて心配な人にもおすすめの方法なのです。

このソプラノレーザーはレヴィーガクリニックなど、一部のクリニックでしか導入されていません。その分脱毛料金も少し高い傾向にあるので、脱毛料金を重視したい人は事前に調べておいた方がよいでしょう。

レーザー脱毛後の日焼け対策

日焼け止めは塗った方がいい?

脱毛期間中の日焼け対策はしっかりと行わなければなりませんが、予約日当日も施術が終わった後はしっかりと日焼け止めを塗ってから帰宅をしましょう。(念のためクリニックで事前に行われる説明はしっかりと聞いておきましょう。)

ただし施術直前(当日)に日焼け止めを使う場合、成分が毛穴を塞いでしまうと十分な効果が得られない可能性があります。また日焼け止めに含まれている成分によっては施術後にやけどの原因となることも指摘されているため「施術前に日焼け止めは使ってはいけない」と規定しているクリニックが多いです。

顔に関しては日焼け止めを使わないと日焼けを防ぐことができません。身体を含めて日焼け止めを使うなら「クリームタイプはNG、スプレータイプはOK」などと規定しているクリニックもありますが、使う場合は施術直前に拭き取ってもらうように申し出なければなりません。

一番望ましいのは何も塗らないでいくこと、メイクも含めて日焼け止めは使わず、帽子とマスク、長袖、そしてパンツスタイルでクリニックに通えるのが好ましいですね。

どのくらい期間経過すれば日焼けしてOK?

契約したコースが終了したら2週間程度で日焼けが可能とされているクリニックが多いです。ちなみにこの期間は脱毛サロンの方が長め(1ヶ月程度)に設定されていることが多いのは、もし日焼けが原因で後で肌トラブルが起こった場合、クリニックなら適切に処置ができますが、脱毛サロンは病院ではないので処置ができないのが理由です。

一方でコース期間中は次の施術で効果を得るために、また肌トラブルを起こさないためにもずっと紫外線対策をしておいた方がよいでしょう。

まとめ

医療脱毛をする前後、期間中は「日焼け厳禁」であることをご紹介しました。短い期間で十分な効果を得るために、また施術後のやけどのトラブルを防ぐためにもとても大切なことです。

施術が終了した後は肌が敏感になっていて、普段よりも紫外線のダメージを受けやすい状態になっています。お肌にシミやシワができるのを防ぐためにも日焼け止めを持参してクリニックへ行けるといいですね。


クリニックの失敗しない選び方とは?

医療脱毛はサロンより効果が高く、少ない回数で脱毛を終わらせられるので人気上昇中ですが、実はサロンには無いデメリットがあるのをご存知ですか?

思わぬ落とし穴で損しないためのクリニックの選び方と、全身脱毛・VIO脱毛・ワキ脱毛などパーツ別に安いクリニックをまとめました。

医療脱毛 安い

【2017年度版】医療脱毛が安いクリニックランキング